トップページ

    このサイトではエスティマの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「エスティマの買取相場をチェックして高く買い取ってくれる買取業者に売却したい」と感じている場合はこのページに掲載しているオススメの車買取業者でリサーチしてみてください。

    トヨタのエスティマを高く売るために大事なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社のみとか近隣のトヨタディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら2分位で入力できるので時間がかかりません。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、エスティマ(ESTIMA)の買取価格の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

    カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大で50社に査定依頼をすることが可能。

    中古車一括サービスは申し込むとたくさんの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で利用は無料。

    「エスティマの買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

    ユーカーパックは、申し込みと同時にエスティマの買取相場分かりますし、個人情報が他社に流れないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、何年も乗ったエスティマでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    今までの車買取一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    エスティマの買取査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が買取価格を入札していくという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

    かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐにエスティマの買取相場が表示されるので、「簡単にエスティマの買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取店から電話がかかってきた時はすぐに即決することなく、複数の買取業者に査定依頼をすることで長年愛用したエスティマでも高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10もの会社が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたのエスティマを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

    ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力するとネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、その中から最大で10社がエスティマの査定額を出してくれます。

    できるだけ多くの会社に査定してもらうことで査定額やサービスの違いを比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用したエスティマを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

    楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サービス。
    申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用したエスティマを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのは嬉しいところ。
    提携先会社は100社以上と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大で10社の会社がエスティマの査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定を利用した時の価格の違いが紹介されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    一般的に中古車の買取市場において言えることは、業界大手の会社と中から小規模の会社では車を査定するときのスタンスが異なっているという点が挙げられるでしょう。

    お金を沢山持っているし、専用の販売ルートもある大手の場合は、中古車を積極的に買い取るのです。

    しかし、買い取りの基準は社内規定で厳しく決められていることが多く、自分で金額の交渉をしようにも最初からその幅がないのが本当のところです。

    大手と比較して中小はひとつひとつ丁寧にオークションを通して販売することが主で、中古自動車査定士の独自の判断で高値が付きそうだと思えば一般的な相場の金額よりも高く評価してもらえる場合もあるでしょう。

    インターネットの車の一括査定サイトを使うときの注意点として、一番高値で見積もった業者が必ずしも優良業者ではないかもしれないと言うことが挙げられます。

    同時にたくさんの見積もりを比較して、ずば抜けて相場よりも高い査定金額を表示している買取専門店があればちょっと注意した方が良いです。

    中古車買取をその業者で行う際、売買契約を取り交わした後からいろいろなことを理由にして査定された金額よりも買取額が断然低い金額になってしまう場合もあるのですよ。

    中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、ちょっと査定額がアップするという噂があります。

    夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になって車のボディーの傷や汚れなどが見にくくなるから有利であると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

    でも、視界が良くないからと言う理由で高く査定をするほど業者はスキルが不足しているわけではありません。

    それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、少々低めの査定額で抑えられてしまうことも充分予想できるのです。

    サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時にこちらが気をつけるべきポイントというのがあります。

    当然のことながら、あらかじめ契約書をよく読んでおくことです。

    契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。

    営業マンの口約束と契約書の内容に差異はないか、特に金額に関する文言はよく読んで理解しておく必要があります。

    大まかな文章だけでなく細かい補足条件なども目を通してからサインしてください。

    よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は自動車のように高額な品物の売れ行きも良いものです。

    どの中古屋でもこの時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。

    つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。

    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、このチャンスを逃す手はありません。

    逆に決算終了後の4月には査定額が低調ですので避けた方が無難です。

    車の査定を夜間や雨の日にしてもらうと金額的に有利だという意見は根強いようです。

    暗くて反射光も少なく車体が見にくいため、業者が見逃すことを期待しているのです。

    ただ、そんな儚い期待を抱くより、天気や時間帯を気にせずなるべく多数の業者から見積りをとるほうが良いに決まっています。

    価格競争の原理から言えば複数の同業者間で競ってくれたほうが、全体的に提示金額が高くなるというメリットがあります。

    所有者が自分名義でない車でも買取業者などに売却することは可能です。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。

    しかし所有者が既に亡くなっている際は、譲渡証明書も委任状も書けませんし、そもそも印鑑登録も無効です。

    このような場合は、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。

    状況次第で要求される書類は異なりますが、故人所有の車の場合は相当な労力と時間がかかることは否めません。

    年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。

    しかし、あくまでも目安ですから、古い年式の自動車だったら年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    車売却の際には走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。

    最近売られている自動車は買った当初からカーナビが付いているものが多数派となってきました。

    カーナビが標準装備になったことで、カーナビが付いていてもさほど査定額がアップすることはなくなってしまったのです。

    後付けで高額なカーナビを取り付けているようなケースに限って言えば評価してくれる可能性が高くなります。

    すぐに取り外せるタイプのカーナビならば、事前に外してしまってオークションなどで個人で売っても良いかも知れませんね。